オペ室と機器|茨城県のインプラント|あさひデンタルオフィス

オペ室と機器

あさひデンタルオフィスCT&インプラントセンターでは、医師やスタッフの技量向上はもとより、機器や設備の充実にも力を入れております。
ここでは、当院で導入している機器のいくつかをご紹介します。


手術用顕微鏡

OPMI pico 正確さと繊細さを求められる高度なインプラント治療や審美歯科治療に欠かせない手術用顕微鏡。
顕微鏡の導入により、これまで以上に迅速で快適な手術が可能となりました。
医師の肉眼、CTスキャナと並んで、手術には欠かせない「眼」です。
当院で導入している「OPMI pico」は、歯科専用として開発された手術用顕微鏡で、世界的医療光学機器メーカー「カール ツァイス メディテック社別窓表示」製。性能だけでなくデザイン的にも優れ、世界的に評価の高い顕微鏡です。光学系には3色の色収差を補正し、優れた光透過率を誇る、T *マルチコートアポクロマートレンズを採用しています。
OPMI pico

OPMI pico 「OPMI Picoシリーズ」は、光学系などの基本性能もさることながら、拡張性にも優れています。
Medilive 1CCDカメラ搭載により、PCへの動画転送や、USBメモリへの静止画保存などが可能です。






手術用空気清浄ユニット「クリーンエリアプラス」

クリーンエリアプラス
手術室を清浄な状態に保つことも、安心できる環境づくりには欠かせません。
一般的に、人間はただ座っているだけでも、0.3ミクロン以下の微粒子を10万個発生させているといわれ、立ち上がるだけでも250万個に倍増するといいます。
インプラントなどの外科手術を成功させ、術後の感染症を防ぎ、経過を安定させるためには、出来る限り粉じんの少ないクリーンな環境は欠かせません。
手術室
当院では『清浄度クラス10,000』という、一般的手術室としては極めて清浄なレベルを確保可能な空気清浄装置を導入することにしました。これはアメリカ航空宇宙局(NASA)の規格で、約30cm四方の立体中に、0.5ミクロン以上の浮遊粉塵が10,000個以下の場合を言います。
無菌室手術室などにはとても及びませんが、一般的な手術室としては、非常に清浄度の高いレベルだと考えております。

図:クリーンエリアプラス

清浄度の許容範囲

部屋 清浄度クラス
無菌手術室 0~100
注射薬製造 100~10,000
一般手術室 10,000~100,000
無菌病室 10,000~100,000




トリートメントセンター「C4+」

C4+
快適な手術と患者さまの安心を実現するために、新しいユニット(手術台)を導入いたしました。
シロナ社が提供する次世代ユニット「C4+」は、シンプルでありながら高級感と安定感がある、洗練されたフォルム。フットスイッチと使いやすいコントロールパネルにより、多機能でも操作は簡単で、医師は治療や手術そのものに集中することが可能です。

C4+ また、患者さまと診療スタッフを感染から守る高度なハイジーン設計になっており、クリーンエリアプラスの導入とも相まって感染症の危険性を極力排除いたします。
心地よいクッションや、シートとバックレストが連動するエルゴモーション設計により、患者さまの快適性も増しています。



MAQUET社製手術用無影灯「アクセル」

手術用無影灯「アクセル」
MAQUET社は、スウェーデン GETINGE社傘下の医療設備専門メーカーです。
「アクセル」は、ALM無影灯の基本であるフラットミラー及び開口深部を照射する中央サポートにより、切開部表面から体腔の最深部まで均等な光を照射します。
演色指数は93(最大値100)で、この光を通してすべての色が自然なかたちで再現されます。また、微妙な赤色、黄色の違いを見分けることができる3500Kの色温度を選択しているため、長時間の手術でも目に負担をかけずに赤色組織を見続けることができます。
このような、こだわりの無影灯設置により、より安全で安定した手術が可能となるのです。



アンキロスインプラントシステム

アンキロスインプラントシステム
アンキロスインプラントシステム インプラント治療の予後を決定するさまざまな要素について、多くの研究報告が蓄積されてきましたが、機能性と審美性の長期維持という課題を、個々の要素単独で解決することは不可能です。
アンキロスインプラントシステムが提供する、「TissueCare Concept」は、インプラント周囲組織の長期的安定を実現するために満たされるべき要素を抽出し、インプラントシステムの選択基準として提言した新しい概念です。



ラヴァ フレーム 歯科切削加工用セラミックス
ノリタケジルコニアシステム

ノリタケジルコニアシステム

ジルコニア(ZrO2)のため、天然歯のように自然です。
ジルコニアは耐熱性セラミックで、医療用としては10年以上前から人工股関節の骨頭などに応用され、優れた生体親和性と高い強度を持っています。
金属を用いないため、見た目も美しく透明感にも優れています。



歯科用シリコーン印象材 アクアジルウルトラ

アクアジルウルトラ 歯形などを取るための印象素材です。気泡の混入を最小限に抑え、支台歯や周囲の組織の精密な印象が取れます。寸法安定性にも優れているため、精密な修復物を作成することが可能です。

セレックAC

セレックA セレック(※)ACは、銀歯や金歯の代わりにセラミックの詰めもの・被せもので美しい歯物コンピュータを使って精密につくる最新機器です。
歯型を取ることはなく(※)、最先端の3D光学カメラで撮影し、その撮影データをもとに3D画面上にて設計し、短時間で患者様のお口にあった審美的な詰め物・被せ物を作成することが可能です。
美しく輝く白い歯をあなたに。セレックは、大満足の審美歯科治療をお約束します。
※セレック(CEREC)とはCEramic REConstruction(セラミック修復)のこと。
※症例により型取りが必要な場合もあります。



医療技術だけでなく、新しい機器に対してはスタッフの習熟も重要です。
当院では、これら機器に負けぬよう、医師をはじめスタッフ一同が日々精進しながら患者さまの治療にあたらせていただいております。
安心して、お任せください。