歯科用CTスキャナ導入のメリット|茨城県のインプラント|あさひデンタルオフィス

歯科用CTスキャナ導入のメリット

当院では歯科用CTスキャナ、シロナデンタルシステムズ社製「ガリレオス」を独自に導入しております。
体の一部を断面撮影し、立体的な画像診断をする医療機器で、歯科を含め外科手術前の診断では必要不可欠なものです。
導入に際して多くの機種を比較検討した結果、シロナデンタル社製のガリレオスは、X線被ばく線量が29μSVという少なさで、患者さんの健康に極めて配慮している点が評価されました。

また、インプラント専用オペ室を新設することにより、より安心で安全な治療をご提供できる環境が整いました。

ガリレオスの特徴

【写真】ガリレオス
資料1
「ガリレオス」に採用されているのは、X線量が低く、高画質・広範囲撮影が可能な「イメージインテンシファイアー技術」。写真に示されているポイントは、導入後にスタッフや患者さんの声になって聞こえてくる重要ポイントです。
ぜひ一般の方々も、目を通していただいて 「ガリレオス」の性能と評価をお確かめください。


被ばく線量の少なさ

資料2

「ガリレオス」に採用されている「イメージインテンシファイアー技術」の大きな特徴は、“低被ばく線量”。少ないX線情報を可視光に変換し、1万倍に増幅させるメカニズムです。
機器による差はありますが、一般医療用CTの放射線量は2000μSVとも言われており、「ガリレオス」の29μSVという線量は、一般医療用CTはおろか、歯科用CTの中でもたいへん低い線量といえます。(「CTスキャン 線量」と検索してみてください。)
この事実は、患者さんの被ばく状況だけでなく、継続して使い続けるスタッフへの影響も考慮しています。



広い撮影範囲

【写真】ガリレオス 「ガリレオス」は、直径15cmの球体全域の撮影を可能としました。広い範囲を1回の撮影で済ませることが可能なため、再撮影による放射線被ばくを気にすることがありません。
また、撮影自体は座ったままの姿勢で、わずか14秒という高速で終了します。



直観的なスライシング・ウィンドウシステム

【写真】ガリレオス【写真】ガリレオス

新しい機器を導入しても、医師やスタッフが使いこなせなければ意味がありません。
シロナのガリレオスは、直観的操作方法と高い診断機能で、医師だけでなく説明を受ける患者さんにも分かりやすいのです。
パソコン画面上でカーソルを合わせた部位の3D画像が展開され、まるで患者さんを診察しながら、見たい個所を精密に「スライス」して覗いているかのような感覚に包まれます。
その様子を、シロナ社サイトでは動画でご覧になれます。

インプラント治療計画の動画別窓表示


CT撮影依頼について

歯科医院様向けに、CTの撮影を承ります。ご依頼はこちらのページをご覧ください。



サージカルガイドについて

パイロットドリルシステム サージカルガイドとは、インプラント手術の際に、ドリルで穴を開ける際のガイドとなるものです。このガイドをCTスキャナのデータを元に正確に作成することにより、手術もまた安全かつスムーズに進行いたします。