センター概要|茨城県のインプラント|あさひデンタルオフィス

センター概要

あなたの歯を守りたい
あさひ デンタルオフィス CT+インプラントセンター
院長 片岡優

ごあいさつ

先生写真 「笠間市で最新の治療を」「何でも相談できる街の頼れる歯医者さん。」あさひデンタルオフィスはそんな思いで、笠間市に開院しました。
開院10周年を迎えるにあたり、2010年に手術室を増築し最新機器を導入し「あさひ デンタルオフィス CT+インプラントセンター」として、新たな一歩を踏み出すことにいたしました。
インプラントも定期的な管理やメンテナンスのため10年以上のお付き合いになります。
これまでインプラント治療をお受け頂きました患者様には非常にご満足頂いております。
「入れ歯にするしかないのか…」と諦める前に是非、一度ご相談ください。
以前よりも、さらに充実した施設と設備でお待ちしております。


はじめに

「先生、最近、顔が曲がってきた気がするの」 歯科大学を卒業して1年目、30代の女性の患者さんの言葉でした。
初めは何の事かピンときませんでした。しかしよくよく話を聞くと、
「私は右下の奥歯が2本しかなくて、左側でしか噛む事ができないの」「だから最近、顔が右に歪んできた気がするの」「前の先生に入れ歯を入れてもらったんですけど、入れてられなくて今は入れてないの」
卒後1年目の自分はその時の患者さんの希望に応える術がありませんでした。自分の歯科医としての非力さを痛感し、もっと患者さんの為に努力をしなければと思った出来事です。

あの一言が無ければ今、自分はインプラント治療をしていなかったかもしれません。
同じ悩みを抱えている患者さんも、たくさん来院します。
今では、「大丈夫です。インプラント治療があります」と自信を持って奨めることができます。


1章

あなたは今から私が話す事をご存知でしか?

入れ歯を入れる事によって、1年間に0.5mm、顎の骨が減ります。10年間で5mm、20年間で1cm。
入れ歯をお使いの方ならわかると思いますが、最初は合っていても、時間が経つにつれ物がはさまり易くなるのはその為です。
ですから、入れ歯は数年間で合わなくなって作り直す必要があるのです。

また、バネがかかっている歯は負担が大きく、抜け易く、寿命が短くなるのです。

ブリッジの1番の問題点は、なんでもない健康な歯を削る必要がある事です。
削った歯の寿命は短く、ブリッジの寿命は平均で7年と言われています。
例えば、30歳でブリッジを入れた人は平均で37歳で作り直す、またはブリッジが抜歯になり、より大きなブリッジになる可能性があるのです。

問題はブリッジと入れ歯の治療そのものにあったのです。
この事は、同じ歯科医でも知らない人が多いのです。


2章

今から16年前、私は歯科大を卒業しました。
当時、インプラント治療を行っていたのは一部の歯科医師で、成功率も今より低かったと記憶しています(今のインプラント治療とはタイプの異なるものもあった為)。

実は卒業して入局した医局は、ブリッジや入れ歯の勉強をする補綴科という所でした。
当時、大学にはまだインプラント科もなく、インプラントをしている先生もいなかったのです。

2年間、ブリッジと入れ歯の勉強をしました。しかし、うまくいく事もあるのですが、どうしても違和感が強く、入れ歯を受け入れる事ができない方がたくさんおられたのです。
特に、2?3本くらい片側の歯がない人は、入れ歯を作っても違和感が強く、また、反対側の歯で噛めるので、使わなくなる人がとても多いのです。
あるデータでは、3年間で30%の患者さん、5年間で50%の患者さんが入れ歯を使わなくなるそうです。
そうすると、反対側の歯に負担がかかり、ダメになる・・・という悪循環に陥るのです。


インプラント治療との出会い

2年間補綴の勉強をした後、勤務した歯科医院では、インプラント治療を行っていました。
今から14年前のことでした。
当時、研修会の講師をしていた先生は、今ではインプラント界では誰でも知っているビッグネームの先生たちです。
半年間のインプラント研修の後、最初の患者さん母でした。上顎に2本、インプラントを入れました。
次は、伯母さん。下顎に2本インプラントを入れました。

その歯科医院で4年間、インプラント治療を行いましたが、4年間でうまくいかなかった事は一度も無く、インプラント治療がとても安全で安定した治療である事を改めて認識しました。

また、インプラント治療を行うと、噛み合わせが安定し、他の歯が長持ちすることに気がつきました。

4年間、歯科医院に勤務した後、あさひ歯科クリニックを開院し、インプラント治療を10年間、100症例以上行い、開院10年経った今、「ASAHI DENTAL OFFICE CT + Implant Center」を開院した次第です。


CT + Implant Center 開院

14年間、インプラント治療を行いましたが、より安全、安心に治療を行う為に、CTスキャン及びCTプランニングソフトを導入しました。

インプラントはすばらしい治療法ですが、それも確かな技術をもつ歯科医に任せてこそその価値が生きると言えます。

治療に費やす時間とコストが無駄なものにならないよう、皆様には良い医院に出会ってほしいと思います。

設備
1.専用の手術室、クリーンルームを完備していること
2.CTスキャンやCTプランニングソフトが設置してあること

費用
1.料金設定が明確であること
2.治療費の内訳の説明があること
3.長期保証があること

実績
1.長い経験があること
2.年間100以上の治療実績があること



インプラント専用の治療室が設けられているか

となりで歯を削っているような環境では感染のリスクが高くなるので、治療室は無菌状態にし、患者さんの感染のリスクをてきる限り下げることが大切です。

当院では、インプラントオペにはNASA基準「クラス1000」に準じたクリーンルームを設置しています。

無影灯があるか

手元が暗いと手術がしにくいです。無影灯(オペライト)があるかないかも、医院の本気度をはかるバロメーターになると思います。

CTスキャナがあるか

安心安全の為には必ず手術前にCTスキャン及びCTプランニングソフトでのプランニングが必要になります。

当院では、撮影した当日にプランニングソフトでプランニングをした後、データをプリントアウトして患者さんにお渡ししております。
また、ドリリングガイドシステムがありますので手術ミス、インプラントの位置を100%プラン通りにできます。



治療費に関して、CTのデータをもとに当日、見積もりをお出ししております。
その内訳についても、説明しております。




インプラント治療"しか"しない先生はよくないと思います。まず、インプラントした隣の歯の具合が悪くなった場合、その先生はすぐ抜いてインプラントにしましょうと言う可能性が高いのです。
インプラント治療はあくまでも"最終手段"なのです。
なるべく歯は削らない、抜かないことが大切なのです。
インプラント"バカ"先生にひっかかってはいけないのです。

1本の歯を大切にできない先生に、インプラント治療などできるわけがないのです。私は簡単に歯を抜く先生は良くないし、信用できないと思います。


歯を守るインプラント治療 ~歯を削るブリッジ治療~

インプラント治療。それは歯を守る治療です。
ブリッジなどを用いた入れ歯は、その50%は5~7年ほどでダメになってしまいますし、ブリッジにするには隣り合う正常な歯を削る必要があります。
また、義歯を入れることによる顎骨の負担も大きく、1年で0.5mm、10年で5mm、20年では1cmも義歯は顎骨に吸収されていきます。
歯は一生ものです。ブリッジにする前に、ぜひ一度インプラントをご相談ください。


最新機器の導入 ~最高の満足を目指して~

日進月歩の歯科医療の世界において、都内レベルの治療を皆様にご提供するにはどうしたらよいのか? 患者様に最高にご満足いただける環境とは何か?
そう考えたとき、これまで培ったインプラント手術などの技術や経験に加え「プラスアルファ」が必要になってきました。
最高レベルを目指した最新の機器や設備の導入です。

CTスキャナ 歯科用CTスキャナによる迅速で的確な術前診断、歯科用マイクロスコープによる正確な手術が可能になります。
さらに手術用無影灯によって手術室環境も向上し、私ども医師の負担も軽くなります。手術用空気清浄ユニット導入により、術後の感染症リスクが減少しますので、患者の皆様に大きな安心を提供できるものと思います。


私のライフワーク ~咬むよろこびを皆さまと~

診察室 「咬み合わせの安定」、それが私のライフワークです。
食べることの意味、それはただ栄養をとるだけではなく、自分の力でしっかり咬んで楽しく食べるという喜びでもあります。
咬むことが不自由だった人が、不自由なく何でも咬めるようになること。今、咬むことができる人は、これからもその状態で長く、安定して咬めるように。
ただ治療するだけではなく、咬むことのよろこび・楽しさを皆さまにお届けするのも歯科医の仕事と考えます。
皆さまに、口元からにじみ出る「笑顔」「Smile」「ほほえみ」を、届けたいのです。


治療の方針 ~治療と予防・Care & Cure~

当院では、「治療と予防」「Care & Cure」をモットーに、一人ひとりの患者様に、最良の治療を提供できるよう に日々努力しています。
「治療と予防」それは歯科医と患者さまの意思疎通から始まります。
単に技術を施すだけでなく、患者様とじっくりお話しをするなかで、「なぜ治療しなければならなくなったのか」「繰り返さないために、普段の生活の中でどういったケアが必要か」を丁寧に説明し、きちんとご理解いただく ことを心がけています。
「Care & Cure」。ケアは患者さま自身による日常の心がけ、キュアは私ども歯科医による治療。この2つの相乗効果で永く健康な歯を維持できます。




スタッフ紹介

スタッフ写真スタッフ写真スタッフ写真スタッフ写真

スタッフ写真スタッフ写真スタッフ写真スタッフ写真



地球にもやさしい歯科医を目指す ~環境に配慮したECO照明

当院はオペ室をはじめ、外壁の看板にも、LED(発光ダイオード)の照明を使っております。
LEDは蛍光灯に比べて非常に消費電力が少ないので、CO2の排出量を大幅に削減することができます。
また、紫外線及び赤外線(熱線)の量が少ないのも特徴です。
室温への影響が軽減され、目にも優しいので、快適な環境で治療に臨むことができます。


おわりに

ここまで拙い文章を読んでいただいて本当にありがとうございます。
伝わらなかったことも多いと思いますが、より多くの人にインプラント治療のすばらしさを伝えたくて、この文章を書いた次第でございます。
インプラント治療でQOL向上のお手伝いを私にさせてくだされば幸いです。
これからも、健康でおいしい食事ができることを心から願っております。